施工事例

​(名古屋市Mハイツ)

​Before(施工前)

建物全体の施工前の写真です。
コンクリートは、部分的に劣化が進んでおり、塗膜も剝がれ、つやがない状態です。
外壁は、コケがついて、水あかもできており、全体的に黒ずんでいます。
手すりは、つやがなく、下のほうがさびさびです。

​After(施工後)

建物全体の施工後の写真です。
コンクリートは、クリアを4回塗ったことで、つやが戻りました。
外壁は、シリコン樹脂塗料仕上げです。
コケもなくなり、綺麗に仕上がりました。
手すりは、さびを徹底的に除去し、さび止め塗料をしっかりいれて、シリコン樹脂塗料で仕上げました。

CIMG0652.JPG

​Before(施工前)

共用廊下の施工前の写真です。
水あかなどができ、黒ずんでいます。

​After(施工後)

共用廊下の1年点検の写真です。

​多少の雨だれはありますが、1年たっても綺麗に染まっています。

 

CIMG0653.JPG

​Before(施工前)

手すり壁の施工前の写真です。
コケや雨だれがひどいです。
トイはつやがなく、下のほうは真っ黒です。

​After(施工後)

手すり壁の1年点検の写真です。
多少の雨だれはありますが、機能的には問題ありません。
トイも綺麗なままです。

CIMG0656.JPG

​Before(施工前)

手すりの施工前の写真です。
つやもなく、茶色にさびてしまってます。

20201114_101138.jpg

​After(施工後)

手すりの1年点検の写真です。
つやもあり、1年経った今でもさびは全くありません。

CIMG0657.JPG

​Before(施工前)

同じく手すりの施工前の写真です。
下の方が完全にさびてしまっています。

20201114_101227.jpg

​After(施工後)

手すりの1年点検の写真です。
まず、素地調整をしっかりやってから、上部の隙間をコーキングでうめて、水の侵入を防いでからさび止めを塗ります。さびているところは2回さび止めをぬりました。下地調整とさび止めの厚みを工夫することでさびるのを防げます。

20201114_100050.jpg

​After(施工後)

タイルとコンクリートの1年点検の写真です。
タイルとコンクリートはシリコンクリア塗料ですが、材料はタイル用とコンクリート用があり、分けて塗っています。1年経っても、ピカピカです。