壁塗り替えのタイミング

​こんな症状が出たら塗り替え準備です

おおよそ10年~15年で塗り替えとなりますが、材質によっては7年ほどで塗り替え時期となるものもあります。
塗装面は日光のよく当たるベランダ面は7年目くらいから白っぽさが目立ってきます。雨に濡れると色が濃くなる(濡れ色)、または手で触ると白くなる、このように白化現象がおきてきたら塗り替えの準備時期です。
特にサイディングボードはボードのつなぎ目(目地)に充填しているコーキングが劣化してひび割れてきます。

20201114_084304_edited.jpg

塗装面同様、ベランダ面など日光が良く当たる場所は劣化しやすく10年経過しないうちにひび割れる場合もあります。
コーキングのひびわれを放置すると、水が侵入して、外壁の母材に深刻なダメージを与えたり、雨漏りで室内の天井や壁にしみを作る原因となるで、早めの外壁塗装が必要です。
劣化診断の方法はいくつもありますが、ご自身で外壁の劣化状態を確認するポイントは、日光のよく当たる場所(ベランダ面)のコーキングのひび割れ、外壁を手で触ったとき白くなるかが一つの目安となります。
外壁に剥がれや膨れができてしまうと、補修などのメンテナンス費用が余分にかかる場合がありますので注意が必要です。

ひび割れ_edited.jpg
高意匠性サイディングは早めの塗り替えがオススメ

近年一色ではなく、意匠性サイディング(数色使っているデザイン)が多く建てられています。

模様の素敵なデザインが気に入って購入されたとおもいます。また、玄関やサッシなど付帯設備もその模様に合わせたデザインになってます。
塗り替えでは、色褪せすぎてしまったり、不十分な提案などで、そのデザインを一色に塗りつぶしてしまっている物件も多々あります。

高意匠性サイディング2.jpg

塗り替えるにしても購入当時の思い出のままにしたい方には、クリアコートでお気に入りのデザインをそのままにする事ができます。
フッ素クリアコートなので15~20年当時のデザインが生きてきます。(条件によって年数はかわります)
だだし、デザインが色あせてしまう前に施工しなければなりません。少し白っぽくなったかなと思ったら塗り替えを考える時期です。

目安としては7年です。

pre-uv-1.jpg

タイル調サイディングボードの中でも目地とタイル部分のみ違う2色のものは色が褪せても塗装で再現できます。好きな色に変えられますので、イメージチェンジできます。

タイル調サイディングKSPオリジナル.jpg
タイル調サイディングKSPオリジナルレンガ調.jpg